忍者ブログ
あの日見上げた空には、星も月もなかった────
中の人

Author:水無月十夜
Sicx Livesに
 表:鬼狂童子(2763)
 裏:ナナシ(2760)
で参加中

いわゆる遺跡外オンラインにめっぽう弱い駄無ーしゃる∈(・ω・)∋
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Information
■表:鬼狂童子(2763)結果ファイル
 今回
 前回

■裏:ナナシ(2760)結果ファイル
 今回
 前回

【尋ね人】
 表/セルフォリーフで合成
 の出来る人。
 素材がある場合に狂おしく募集します。
 対価は要相談。


 【生産技能 請け負い】

 ●第1~5回更新
 希望者は伝言でご相談下さい。
  →表/セルフォリーフ:防具作成
  →裏/アンジニティ:魔石作成
  →適宜承っております。
ブログ内検索
訪問したニンジャの人数
Link
本家

GM氏ブログ
 :緊急のお知らせはここで

■キツネ(170)
 →キャラクターシート
 →北風と太陽(旧ブログ)

■カレン(158)
 →遺跡の島の冒険日記・2

■ムルシド(428)

■黒風(1387)
 →今日もいい日



【検索】
偽島雑めも
 :検索が超便利

【情報】
Sanctuary

偽島Wiki

俺の斧
 :便利ツールなど

エンジェライトの情報特急便
 :リスト祭

遺跡街
 :技検索が便利

Orange Garden
 :画像・メッセージ関係のリスト

【取引】
地底湖一番街


【アンテナ】
偽島観測所
 :アンテナで更新チェック


【過去結果】
False Archive Library
最新コメント
[02/05 オトナの即愛倶楽部]
[04/12 キツネPL@水無月]
[03/29 マナ(1516)PL]
[10/31 キツネPL@水無月]
[10/31 キツネPL@水無月]
最新トラックバック
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

偽島ifの日記すらまともに書けていないのにー
別バージョンを妄想して悦に浸る。
そんなGW。


====================


その日、首都圏は樹海に沈んだ───

何の前触れもなく、突如大地を割って現れた巨大な植物群は、首都圏を覆いつくし
内と外を完全に遮断した

深き森、崩壊したビル群
そして得体の知れぬ生物たち
誰もが皆、首都圏の人間は全滅したと、そう思っていた───


それから1年
『あなた』の元に、樹海の中から『手紙』が届いた
差出人は───


戒厳令下で樹海を封鎖する自衛隊

世界各国より派遣されたエージェント達

真実を知ろうとするもの
帰らぬ人を探しに行こうとするもの
樹海に眠る巨万の富を手に入れんとするもの


それぞれの想いが交錯する戦いが、今始まる───


 ───昭和84年 後世にまで『血まみれの夏』と伝えられた、あの熱い100日間が──



【昭和84年 7月6日(月) 23:45】 ───葛葉小太郎 15歳 男 生徒
Arcana:魔術師 Stage:東京都町田市 成瀬

昨年の7月7日…、俺は決してその日を忘れないだろう。
東京───今となってはその名で呼ばれることもないが──をはじめとする首都圏が、たった一夜にして樹海に沈んだその日を。
樹海の発生は、俺からたった一人の家族を奪った。

かくして音信が途絶えてから1年にわたり、国連軍による第十七次救出部隊まで総勢725名が樹海に踏み込むも、誰一人として帰らなかった。
今となっては、立ち入ることは死を意味し、終には死の森と呼ばれる様になったその樹海に、今俺は踏み入る。

ある日届いた『手紙』───差出人こそ姉さんだったが、内容は破天荒極まりないものだった───に記された日時、場所。


 運命の日より1年後、満月が中天にかかる頃、成瀬の魔法陣へおいで下さい
 あなたの『さがしもの』のお手伝いをしましょう


それが『今』で『ここ』だ。
樹海の大きさに合わせ、国道16号線に沿うようにしてぐるりと取り囲んだのが自衛隊の封鎖線。
それをかいくぐった先、樹海の端に位置する小さな町に、同様の手紙を受け取った『俺たち』は集まった。

東京に出かけた妻子が樹海に飲まれたという、異国の宗教の信徒『ムルシド』。
全寮制の学校に通っていた事で難を逃れたが、やはり家族が樹海に飲まれたという『花蓮』。
飄々として素性も目的も語らず、わずかに一つ、呼び名だけを名乗った謎の男『黒風』。

俺たち4人は交わす言葉もなく、ただただ手紙に記された約束の時を待つばかり───


───姉さん、必ず助けてみせる。





【昭和84年 7月7日(火) 00:12】 ───×××× 24歳 男 陸上自衛隊 東部方面通信群 第0316基地通信中隊 横浜派遣隊 2等陸士
Arcana:塔 Stage:東京都町田市 成瀬


───魔法陣の発動を確認。
目標はいずれも『腐海』へ進入した。繰り返す───




====================
【閑話休題】

すっごいgdgd。
酔っぱらって書いていたから尚更だな。

むしろデビルサバイバーと、花と奥たんのパクリじゃねえか!



 

PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 星月夜 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]