忍者ブログ
あの日見上げた空には、星も月もなかった────
中の人

Author:水無月十夜
Sicx Livesに
 表:鬼狂童子(2763)
 裏:ナナシ(2760)
で参加中

いわゆる遺跡外オンラインにめっぽう弱い駄無ーしゃる∈(・ω・)∋
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Information
■表:鬼狂童子(2763)結果ファイル
 今回
 前回

■裏:ナナシ(2760)結果ファイル
 今回
 前回

【尋ね人】
 表/セルフォリーフで合成
 の出来る人。
 素材がある場合に狂おしく募集します。
 対価は要相談。


 【生産技能 請け負い】

 ●第1~5回更新
 希望者は伝言でご相談下さい。
  →表/セルフォリーフ:防具作成
  →裏/アンジニティ:魔石作成
  →適宜承っております。
ブログ内検索
訪問したニンジャの人数
Link
本家

GM氏ブログ
 :緊急のお知らせはここで

■キツネ(170)
 →キャラクターシート
 →北風と太陽(旧ブログ)

■カレン(158)
 →遺跡の島の冒険日記・2

■ムルシド(428)

■黒風(1387)
 →今日もいい日



【検索】
偽島雑めも
 :検索が超便利

【情報】
Sanctuary

偽島Wiki

俺の斧
 :便利ツールなど

エンジェライトの情報特急便
 :リスト祭

遺跡街
 :技検索が便利

Orange Garden
 :画像・メッセージ関係のリスト

【取引】
地底湖一番街


【アンテナ】
偽島観測所
 :アンテナで更新チェック


【過去結果】
False Archive Library
最新コメント
[02/05 オトナの即愛倶楽部]
[04/12 キツネPL@水無月]
[03/29 マナ(1516)PL]
[10/31 キツネPL@水無月]
[10/31 キツネPL@水無月]
最新トラックバック
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

目覚めるのは日に数刻。
…これでも少しはマシになった方だ。


魂は泥濘に沈み、肉体は風雨に朽ち果てる。
存在は四散、散華する。


月が欠け、花が散る様に。
俺を祀っていた狐巫女達が皆、醜く老いさらばえて逝った様に。


俺だって例外ではない。
「あいつ」から切り離された時から、砂時計の砂は緩慢に時を刻み始めていたのだから。

だから、終わりが来る日まで眠り続けたかった。
こんな俺でも倖せに過ごした日々だってあったのだ。
その甘い蜜に浸って沈んで逝く事のどこが悪い。


それをあのガキが、許さなかった。
沈んでいく俺を喉が潰れるほどに叫んで叩き起こしやがった。

あいつは哭いていた。
その怨嗟、慟哭はもはや人のそれではなく、まさに獣のものであった。
獣同志だからこそ、あいつの声で奮い立つ何かがあったのだろうか。


そして、白面九尾 狐鈴。
ヤツの分身として八尾から産まれた八体の怪物。
ガキの許嫁だった小娘も昇華した様に思われたが、亡骸に残った妖力と記憶をこのうちの一体に飲まれた。

更に100体の妖怪達と無数に産み落とされる半人半狐の兵隊達。
それが今の白面九尾の軍勢だ。



俺が殺生石を再生する為に3年かけて蓄えた力は、全てあいつらに毟り取られた。

7体はその場で喰い殺し、更に5体はガキが誘い出して同様に喰った。
だがそれでも力は足りない。
目覚めていられるのは日に数刻だ。


このままじゃ間に合わない。
なんでも良い、力があれば喰うしかないんだ…


目覚めている僅かな刻限に島を彷徨う俺が出会ったのは


No.1609 ぱんつ大好き



やっぱりこれだろう!
PR
この記事にコメントする
               
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧
パスワード   
* パスワードを設定するとコメントの編集ができるようになります。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright ©  -- 星月夜 --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]